【群雄割拠】多くの英雄や実力者たちが各地に勢力を張り、互いに対立して覇を競い合っていること。

群雄割拠と言われた戦国時代から400年余りが経った現在、SNSをはじめとする多くの媒体によって個々人から新たな価値観が発信される状況もまた、群雄割拠と言えるかもしれません。

岩出山(現大崎市岩出山)は、群雄割拠の戦国時代に生きた武将・伊達政宗公が岩出山城を構えて若き日を過ごした場所であります。

この地において、私たちは、現代の世界一かっこいい自作甲冑を着る者を決める大会を開催いたします。

新たな価値観を認め合いつつ、時の戦国武将のように競い合い、お互いを高め合う大会を目指してまいります。

グズグズしてると、置いてくぜっ!